「麻痺薬」を使う

色んな種類の薬

早漏、特に身体的なことが原因になって起こる早漏は、麻痺薬を使うことで改善させることができます。早漏の身体的な原因というのは、要するに「気持ちよすぎてイッちゃう」というものであり、その気持ちよさを多少にぶらせることで、射精までの時間を長引かせることができるのです。
よく使われるのは、リドカインという麻痺薬です。クリーム、スプレーなどのタイプがあり、誰もが簡単に利用できます。リドカインは外科や歯科などでも使われており、完璧な麻酔ではなく感覚をある程度残しておくことが必要なときに塗られたりスプレーされたりします。歯科で歯石をゴリゴリ取るとき、使われるのもこのリドカインです。完璧に感覚をなくすのではなく多少は感覚を残しておくことで、治療後に喋ったり食べたりするときも不自由さを感じることがなくなります。

というわけで、早漏防止にもリドカインが役立つのです。エッチの前にペニスに塗り、ペチペチ叩いてもあまり痛く感じないようになればOKです。
しかし、そのまますぐ女性の膣に突っ込んでもイイというわけではありません。まずはペニスをよく洗い、薬が残らないようにします。あるいは、上からコンドームをかぶせます。そうすることによって、挿入後、女性の膣内にリドカインがついてしまうことを防ぎます。もしこれを怠ると、こっちはイクまでに普段より時間がかかるし、女性は膣内がマヒしているので快感も半減以下でまったく気持ちよくないし……というあまり楽しくないエッチになってしまうのです。
「あっ、すごいっ、長いっ!」と女性に感動してもらえるよう、使い方には注意しましょう。